スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


訳あり無料レポート作成術

【訳あり無料レポート作成術】


以下の記事は、【訳あり無料レポート作成術】というテーマで無料レポートを作成する際の引用記事を掲載しています。


---------------------- 本文引用 ------------------------

始めまして、年金暮らし団塊世代の父さんが、安穏とした嘱託の道を蹴ってノンビリと余生を送りたいばかりに、何故かネットビジネスの世界に飛び込んでしまった迷いる小羊です。

実は、迷い込んだのは、もう既に9年前からでして趣味のホームページを作って楽しんでいましたが、プロバイダ費とドメイン代が欲しいばかりにネットからの収入の道に活路を見出すべく努力の日々を重ねていました。


このネットからの収入の道が縁で、毎日が日曜日♪だった筈なのにパソコン付けの毎日に陥っています。

会社で8時間、家で6時間、パソコン奴隷な日々もマウスの使いすぎで腱鞘炎という笑えない結果になってしまいました。そこで数々のマウスを購入し腱鞘炎から脱却すべき手立てを模索、なんとか腱鞘炎も癒えて安堵しています。


腱鞘炎を防ぐ最良な手法といえば、『マウスを使わないでマウスパッドを使う』という単純な方法でした。これならマウスでは腱鞘炎にならずにマウスパッドの使い手になれるというオマケまで付いてきました。

パソコンを始めた当初は、キーボードの文字位置も分からず和文打ちで間違いに悩まされて来ましたが、途中、ローマ字打ちに変更してからは、ある程度打ちまちがいも無くなり、今では、ブラインドタッチにも挑戦しています。


キータッチの訓練は、市販のソフトで通勤を早めて30分間、ゲームを楽しめて“遊びながら覚える子供感覚”に没頭し、就業ベルをも忘れることもしばしばでした。

repo090216-0

目次
>H0MEブログメルマガアフィエイリトで楽しく稼ぐ方法
無料レポートとは?
貧乏人にも優しい?
捨てアドレスという概念
無料メアド取得の推薦
レンタルサーバーなら無制限メアド
無料レポート寿命と今後の展開
無料レポート乱立の中で
有意義情報を何故教えるの?
発展する奥深い謎とは?
タイトルへの突っ込み
タイトルの上手な付け方
無料レポートを発行したけれど
質を上げる工夫
無料レポートの量と質
増やすより増やせ!

■特集ページ:特典置き場(ボーナス倉庫)とは

スポンサーサイト

増やすより増やせ!

【増やすより増やせ!】:訳あり無料レポート集


この文言で全てをお伝えした気分になりました。


ページを増やすより、質を増やせ 


ぺージ数で勝負するようなセールレターとか、ブログやメルマガを見かけますが、そもそも、あの手法?が普通の人に理解できるのでしょうか?

続きを読む>>

無料レポートの量と質

【無料レポートの量と質】:訳あり無料レポート集


当然、時代と共に無料レポートの内容も変わってくるのですが、最近の傾向としては、その量にも反映されています。量と言えば、数量でありページ数のことです。このページ数を商材などでは、30ページは必要だと書いてあるようですが、真偽のほどはわかりません。


そこで無理して30ページ以上にするために大きな文字で行間を異常に広げたレポートも見かけ、30ページが、本来なら10ページにも満たないで、それも内容が伴わない無料レポートも存在しています。

続きを読む>>

質を上げる工夫

【質を上げる工夫】:訳あり無料レポート集


読まなければ、良し悪しなど分からないのでしかたないので、とりあえずタイトルから予測してダウンロードして読みますが、如何せんタイトルに反して中身が伴っていないレポートも中には有るようです。

それだけにタイトルの重要性を認識している発行者も増えているのでしょうが、タイトルに騙されて読んでしまう被害者も多いのが現状かと思います。


無料レポートもタイトルと少しの説明だけで納得して読まなければならないので、読んでみて始めて自分の意図しているレポートと違っていることに気がつくことも多いでしょう。

続きを読む>>

無料レポートを発行したいけど

【無料レポートを発行したいけど】:訳あり無料レポート集


ここでは、無料レポートとはどんなものか、またその増やし方など、無料レポートを作って見たい人のために、また自分自身、無料レポートを発行した結果、その成績など検証したレポートとしてまとめてみるのも良いでしょう。


■レポート数増

無料レポートを発行し、無料レポートの配信スタンドに登録すれば、読者が増えるって思っている人います?

続きを読む>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。