スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


品質と単価にコダワル!?

病的なまでにコダワル品質の結果に
面白い数字が表示されていたので

早速、キャプチャしてみた。

ppc1


インプレッション数
クリック数
コスト

本当なら

1000
100
10

となれば、クリック率が、1%だったんですけどね。
でもとても嬉しい成績になりました。

一か月前は、単価が、30円位だったでしょうか。

これでは、売れてもペイするには、かなりシンドイ!

そこで頑なまでに品質に拘った結果が、
上記の画像のような結果になりました。

以前だったら、確かに30円以上の単価だったし、
クリック数も100以上を超えていたのだが、

現在、平均単価が、12円程度
クリック数が、20個平均で推移している。

このままほっといても

日/200円平均
20クリック数
100クリックで一つ売れたら
月に6000円出費して2000円×6個も売れたら
儲けはスズメの涙だが、6000円か~っ

広告の品質にこだわると時間もかかるな~

でも単価が低く抑えられると
後は、日に10分程度のメンテを
行えば良いので楽かもしれない。

これからも品質と単価の追求じゃーぅ

追 2図
ppc2

インプレッションを1000でキャプチャしようとしたが、
他の仕事をしていたら、既に過ぎていた。

残念!

3図
ppc3

3図は、昨日の結果は、

23クリック数で249円

これでも売り上げが2000円程度有ったようだ。
※有ったようだとは、まだ確定していない。

今後とも、
品質に重点を置き単価を低く抑えながら
キーワードを追加して行くのだが、

一日の予算をコーヒー一杯程度の予算で
昼食の弁当代くらいは確保したいな~っ

スポンサーサイト

Y様とG様のリステング広告について

Y様とG様のリステング広告について
Y様のG様の影響か知らないが、
一年も運営していたY様リステング広告のキャンペーンが、
いきなり、審査を受けてアウトになってしまった。

別に、アカウント停止ではなかったので
指摘箇所を修正して再申請すれば、
再びOKになるものと高をくくっていたが?

それが、ご指摘箇所を修正して申請しても
次に日には、また掲載停止を食らってしまう。

この作業を半月以上、毎日で日常作業に
大きな影響を受けている。

もうご指摘箇所は既に修正済みだが、
同じご指摘が表示されてしまうのだ。

G様のリステングの場合には、
新規登録時に、直ぐにご指摘あったり、

また、数日後に、掲載不可と表示されたりとか、
それなりにご指摘が掲載されるので

対応が早くできるのだが、

Y様の場合、一年も後に停止とか???

最近、知ったのだが、

どうも、G様のアドワーズに広告や記事の
点検箇所(キーワードなどや広告文言など)が、

かなり類似してきているようだ。

以前なら、有ってもなかったような
Y様の粗雑で簡単なリステングのページは、
初心者向け?って気もしていたが、

ここに来て
ご指摘コメントなど有っても無くても
良いようなものになってしまった。

ああああっ

リステング広告までG様に似てきたのだろうか。
それにしてもお粗末な話だな~っ

で、ここを打開する方法を何とか思い付いたのだが、
それが、また原始的方法だったりして????

Y様の検索ボットって意味不明で最悪だったけど

簡単画面のY様のリステングだったのに

ここに来て、またまたイジリマワシテいるんだろうな~っ

まともになるのって何時になるんだろう?

PPC広告の品質を良くすると!?

昨年暮れ、3ヶ月間のPPC広告にチャレンジして見た結果、
単価を抑えれば、何とかPPC広告でも勝てそうな気がしていたので
2009年9月から本格的にPPC広告にチャレンジする事にした。

その結果を9月度の検証結果として記録してみたのだが?
品質こそ思惑どおり推移したのだが、結果←収入と収支のバランスが?

ぶっちゃけ!
大して儲からなかった。
稼げなかった。

リステング



と言うレポートに終わりそうだ。

ただ、上記の図を参照してみれば、わかるのだが、
それなりに結果は良くなっていると思っている。

キャンペーンとグループそしてキーワードを
増やしながらの検証結果なのでグラフでの
正確性が怪しいのは否めないような気がする。

9月4日までの時点では、

キャンペーンが 1個
グループが、4個
キーワードが、200個

程度だと思う。(数字は、記録していなかった)

9月10日の異常なまでのグラフの伸びは、
テレビ放映の影響によるものだった。

出稿した広告とテレビ放映のキーワードが、
ほぼ一致していたために検索された結果が、
たった1日のグラフに端的現れている。

この10日の異常な結果をグラフで見ると
面白い現象を知ることができる。

それは、テレビ放映された数時間の
検索結果、即ちテレビ放映と同時に
お客様は、動作状態のパソコンの前で

或いは、パソコンを立ち上げて
テレビ放映されて内容に沿った

キーワードを一斉に『検索窓』に打ち込んで
検索するのだろうと想像できる。

私が、テレビを観ていた時、
その放送内容と私の意図する広告が、
似通っていたので『もしかしたら』って

PPC広告を順次、覗き見していたら

その嵐のようなクリック数は、
1時間程度で終焉してしまった。

単価も10日時点では、かなり低く
抑えていたので、何とか事なきを得たが、

これで単価が高かったらどうなっていたんだろう(ーー;)

この時点では、キャンペーン数が、1個だったと思う。
そして日の予算を1,000円にしていたが、
慌てて1,000円追加したのを覚えている。

この様にテレビ放映された瞬間は、
異常にインプレッション数も増えるが、
クリック数もそれに比して増えている。

魚釣りで言えば『食いが立っている』状態なんだろう。

10日のテレビ放映の影響は、
翌日まで響いていたようだが、

何故か、

検索されて広告が表示された数字は、
伸びているのだが、それに比して

クリックされる数が、少なくなっていた。

これは、ライバルが、多くなって
私の広告をクリックされる回数が、

減ったのか、それとも単純に
『食いが』減ったためなんだろうか?

本来の目的は、9月度後半の
ピンクの部分なんだが??

10日以降は、単価を低くしたら
単純にインプレッション数も激減している。

そこで、単価を低く抑えて
尚且つインプレッション数を増やし、

そしてクリック数も増やすチャレンジを
した結果が、ピンクの部分だ。

キャンペーンの数は、4個
グループ数が、200個
キーワード数が、4500個

自分でも凄いとしか言いようがない。

現在、平均単価が、13円となっている。

これで、このままで行けば、
単価も低く抑えているので
収支のバランスが良くなる

ハズなんだが、

それがそうでもない。

昨年の経験と、
今回の経験から

割り出した答えは、

『賑やかな市場に蒔き餌をしながら針を垂らす』

これでないとそんなに努力が報われないような気がしている。

これは、選別した広告にも大きく左右されるのだろうが、
短期で稼ぐには、ある程度単価を上げざるを得ない。

品質を上げるために『広告とキーワード』を
最大限に気をつけて作りこんでも

最後は、単価をある程度上げないと
それ以上の品質を上げたと
認めてくれないからだ。

上手くできていて

PPC広告

月のインプレッション数もクリック数も
大して無い購入キーワードが、
最低価格が、べらぼうに高かったりする。

最低価格が10円でも1、000円でも
月のクリック数が、同じく10回程度
なんてありえないだろう。(現実にはありえる)

長くなったので、続きにするが、

キーワードを増やし、
単価を安くしても

決して結果が良いとは、限らない。

ある程度、単価を低く抑えて
品質を良くする方法は、できたのだが(ーー;)

後は、結果が良くなくちゃね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。