スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料レポートの量と質

【無料レポートの量と質】:訳あり無料レポート集


当然、時代と共に無料レポートの内容も変わってくるのですが、最近の傾向としては、その量にも反映されています。量と言えば、数量でありページ数のことです。このページ数を商材などでは、30ページは必要だと書いてあるようですが、真偽のほどはわかりません。


そこで無理して30ページ以上にするために大きな文字で行間を異常に広げたレポートも見かけ、30ページが、本来なら10ページにも満たないで、それも内容が伴わない無料レポートも存在しています。


本来、ページ数でそのレポートの質が決められるハズもなく、1ページでも情報として優秀であれば目的が達成されるはずです。


私が感激した無料レポートですが、40ページ程度でした。その作者が書いた別のレポートも読んだのですが、こちらは大作で100ページを優に越していましたが、本人が力説する程の内容ではありませんでした。


要するに、ページ数ではなく質であり、内容が問われています。

欲しい情報を伝いる情報に凝縮されて端的に書かれていれば、目的が達成されたとも言えます。


皆さんが、これから無料レポートに挑戦したければ、まずは、量より質の重要性を認識しながら発行されることをお薦めいたします。


では、どのような内容の事柄を無料レポートにすればよいのでしょうか。

その辺は、自分自身に問い質して見るのが一番の早道かと思っています。

何故なら、自分が困っていたことや便利なことなどで作れてしまうからです。


気の利いた商材には、無料レポートの書き方とか、発行の仕方などが、親切に書かれていますが、お題目までは書かれていません。


確かにお題目から内容までをも詳細に書いて有ったら商材購入者は、皆、真似をするし、同じような無料レポートが大量に出回り、無料レポートの効果がなくなってしまいます。


無料レポートが、有料商材に負けず劣らず、充実度が高くなっていて数百ページのボリュームとか?ここまで要求される時代とも思えませんが、『やっぱり来たのか』って感じています。


でも自分が発行する無料レポートが、あまりにも貧弱過ぎて、恐れおののき発行を控える必要は有りません。


何故なら初心者レベルな書き手だからこそ初心者に沿った内容で書けるからです。ここを強みにしてレポートを発行してください。

■HOMEページへ⇒ブログメルマガアフィリエイトで楽しく稼ぐ法
●TOPページへ⇒訳あり無料レポート作成術
▲前のページへ⇒質を上げる工夫
▼次のページへ⇒増やすより増やせ!

■特集ページ:特典置き場(ボーナス倉庫)
コメント
ゴンタさん
こんばんは、ひで蔵です

いつもご訪問ありがとうございます。

始めて間もないからこそ
同じ目線で分かりやすいものが
書けると私も思っています。

また、その気持ちを
忘れないことも大切ですね。

またお伺いします
熱烈☆応援させていただきました
コメントありがとう(●^o^●) | | ひで蔵@アフィリエイト稼ぐパワーブログ #-[ 編集]
ゴンタさん、こんばんは!
プラス姿考のken+です。

レポートいくつか作りましたが
毎回悩みながら
作成しています。

かといって考えすぎても
ダメなので
テーマが決まったら
開き直って書いてます。

応援ぽち!
コメントありがとう(●^o^●) | | ken+@プラス姿考 #-[ 編集]
今晩は。有難うございます。mikanです。そうですね、皆様の感想がよければまた自己啓発関係の記事を載せたいです。ブログランキング 応援ポチいたしました。
コメントありがとう(●^o^●) | | mikan #-[ 編集]
コメントの投稿

人気ブログランキング2_【応援宜しく!(^^)! ポチッ】
管理者にだけ表示を許可

の前にブログランキング 人気ブログランキング2_【応援宜しく!(^^)! ポチッ】


何時もコメントに感謝です。楽天家ゴンタより《合掌》

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。